アダムカドモンとは・・・?

アダムカドモンとは『原初の人間・神人間』という意味です。

この人間であるアダムがエデンの園にいたとき、人間はとても神に近い存在だったと言われています。


アダムカドモンとは、人間の本来の姿であるのと同時にもともと持っている意識を大きく拡大した私たち本来の理想の姿です。

私たちが最終的になる姿は「アダムカドモン」です。
5次元のハイヤーセルフと統合し、神実現させることによって、マスターとして肉体を持ったまま生きることを目的としています。

アダムカドモンになるということは、人間としての感情や思考レベル(3次元)の囚われから解放され、スピリチュアルな気づきが増していくことになります。

アダムカドモンになるプロセスは個人差がありますが、活性化が始まると、ほぼ7年で完了すると言われています。



私たち人間は脳の5%しか使っていないと言われています。

そして、私たちのDNAは殆ど眠っている状態にあり、22本~24本のDNA(
物理次元のDNA(12本)の他に、より高次なDNAスピリットDNA(12本)を目醒めさせていくことこそがアダムカドモン化していくことだと言われています。



本当にこれからは、全ての人が本来の姿である、アダムカドモンに向かってゆく時代になります。

完全にアダムカドモンになるということは、もう決して「被害者」になることはない生き方ができるようなる・・・ということなのだそうです。

それは、どんな現実も、全て自分がクリエイションしているという意識で生きられる状態であり、アダムカドモンは、自らが「創造者」という意識で生きていくこと。

そしてそれは、決して加害者も被害者もいない状態で、どんなことも、全部自分自身で創り直せるという意識を持てるということなのですね。

愛と喜びの世界。

 

私達はそれを目的として、「今ここ」にいるのです。



愛と光と感謝を込めて