江戸最初 元祖 山手七福神巡り

山手七福神は、江戸から目黒不動・瀧泉寺への参詣道沿いに祀られた七福神を巡拝するもので、江戸で最初の七福神霊場とされています。

 

新宿山ノ手七福神との混同を避けるため「元祖山手七福神」と呼ばれることが多いようですが、各寺院の表示や参詣の栞などでは「江戸最初・山手七福神」としているようです。

 

 

-ここから-

山手七福神は、谷中七福神や隅田川七福神とともに江戸時代から続く七福神霊場で、その始まりについては詳らかでないようですが、弁財天を祀る蟠龍寺に安永4年(1775)の山手七福神の標石があるそうで、それが事実ならば谷中七福神よりも古いことになるのだそうです。

天保9年(1838)の『東都歳時記』に、谷中七福神とともに「山の手七福神参り」が記されている。

-ここまで参考資料より引用-

 

 

江戸最初の山手七福神には2つのご利益があり、それによって巡る順路も異なります。

 


・無病息災・長寿祈願
・商売繁盛

 

この二つがあり、今回は商売繁盛の山手七福神巡りを開催したいと思っています。

 

スタートは龍泉寺からになり、以下の順路で巡ってゆきたいと思います。

 

<目黒区の寺院>

  • 龍泉寺:(恵比寿) 目黒区下目黒3-20-26
  • 蟠竜寺:(弁財天) 目黒区下目黒3-4-4
  • 大円寺:(大黒天) 目黒区下目黒1-8-5

 

<港区の寺院>

  • 妙円寺:(福禄寿、寿老人) 港区白金台3-17-5
  • 瑞聖寺:(布袋尊) 港区白金台3-2-19
  • 覚林寺:(毘沙門天) 港区白金台1-1-47

 

妙円寺に福禄寿と寿老人がいらっしゃるので、全部で6カ所巡りとなります。

 

商売の意味とは、利益をあげる目的で物を売り買いする商いの「客商売」や、生活の基盤になっている仕事「職業」、また、 芸ごとに関する仕事など様々な意味が含まれています。

 

 

参加される方の商売繁盛の七福神巡りが最善のご利益となるように、今回私からさせていただきますワークは


・「お金のカルマ解除」
・「富・繁栄に関するワーク」

上記のワークを行って運気アップするようサポートをさせていただきたいと思います。

 

不調和となっているものを手放すことによって、幸運を取り込むスペースが空きますので、そこへ山手七福神巡りをして七福神様より商売繁盛へとなるよう恩寵を受けとりましょう^^

 

 

 

山手七福神巡り募集内容

※開催日:5月18日(土)

※集合時間:10時

※集合場所:泰叡山 龍泉寺
 (通称:目黒不動尊正門前集合)
 東急目黒線の不動前駅から歩きますと近いです。

※参加費:\10,800(税込)
 ・当日は高次元より1日上記ご案内させていただいたワークもさせていただきますので、ワーク代も含んでの参加費用となっております。(事前ワークは3日前より行います。)

※募集期間:4月17日(水)~5月13日(月)15時
 (お振込み完了のご連絡をいただく最終日時となります。)

※お申込は こちら から。


 

 

お申込されてから、3日経ってもこちらからの返信がない場合には、届いてない場合がございます。

 

その際には、kotoshiro.t★wings-of-light.jp へご連絡をくださいますようお願いたします。

(★を@に変換してください。)

 

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

愛と光を込めて